<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

大学の存在意義

某家庭教師募集情報にて(都合により趣旨を変えない程度で原形をとどめていません)。
「某塾通塾経験者なら時給は相場の1.5倍
 某塾現役講師なら時給はその1.6倍
 某塾元講師なら時給はその1.2倍」

うーむ。そこまでやるか。

最近塾講なんてやっててとみに思うのが、この子たちはなんのために勉強しているんだろうっていうことです。
学校なら基本的には行かざるをえないわけだから、それでやる気ない子が増えて学級崩壊とか、ひどい話だとは思うけどそうなってしまうこと自体は不可抗力なのかなと思います。
一方で塾に来るのは、わざわざお金を払って勉強しに来ているということ。それでいてやる気を少しも見せないっていうのは、親に無理矢理来させられているんだろうなぁと。
まさか塾にしつけまで求めてはいないと思いますが、だからといってその子だけ置いていくわけにも行かないし、かといってその子だけ見ていたら全体がちっとも進まないし。

まだ中学くらいならいいけれど(それでも相当よくないと思いますけどね)、高校生とかになって塾に来て、高3なのに「とりあえず内部進学したいので学校の授業のフォローを」なんて言われると、大学に行ってどうするんだろうなあって思います。

親の心情も、とりあえず内心を望む高校生の心情もわかりはしますが、それで大学に行かせて/行ってどうするのでしょうか。

大学って自分で学ぶ場ですよ。

もちろん、そこで学問をやるか、学問は単位取れればいいと割り切ってほかの経験をするかは自由だし、少なくともある程度までは自由であるべきだと思います(それはアドミッションポリシーというか、大学の教育方針として、卒業者に最低限ある程度の学力etcの習得を求め、逆に見れば社会に対して卒業生の「品質保証」を行うことと矛盾することではないと考えます。そのラインを超えた部分をどうするか、の話をしています)。
でも、主体的に学ばない(としか見えない)彼らは、大学に行ってどうするのでしょうか。
大学ではこれをやれとは言われません。授業に出なくたって文句は言われないし、それで単位が取れなくても自己責任です。授業に出ないで自分で勉強して試験一発で優秀な成績を取るという勉強法だって許容されるでしょう(今後はともかく、少なくともこれまではそれが許容されてきたことは間違いありません)。その中で主体性を持たない彼らは、あるいは勉強するかもしれないし、あるいは遊ぶかもしれない。
なんだかんだ言って要領よくやって卒業していく人が多いのでしょう。

彼らは大学で何を得たのでしょうか。
学問の府、「最高学府」である大学で(最高学府は別に東大の代名詞じゃありません。本来の定義で言えば大学はすべて最高学府なのです)、4年間ただなんとなく流されて過ごして。社会人になるためのモラトリアムでしょうか。それが許容されるのでしょうか。

続きを読む >>
cerise / たく * むずかしいこと * 13:11 * comments(0) * trackbacks(3)

8月15日

なんとなく正午前にテレビをつけて黙祷したりしてみました。
アンテナのコネクタが同軸ケーブルむき出しだったのでケーブル切ってちょっとした電子工作(というにはやや大げさか)して接続したらノイズがひどくて参りましたが。

靖国やら千鳥ヶ淵に行ってみようかなとも思っていたのですが、なんか編集部に来たらだる気味になってしまったのでそのままぼーっとしてしまっています。
冷房病かな(苦笑

首相談話がけっこう踏み込んだこと言ってたみたいだけど、過去のと比べてどうなんでしょうか。
まあこれもまた後日。


住民基本台帳法と道路交通法に規定されていそうな手続きをしてきましたよ。
あとは銀行とかカードとかか。
cerise / たく * むずかしいこと * 16:52 * comments(0) * trackbacks(0)

人事院の位置づけ

人事院が2年ぶりに国家公務員給与の引き下げ勧告を行ったそうで。

人事院って労働基本権の一部を奪われている公務員に対してその代償として設置されている機関ということだったと思いますが、はたしてその人事院が給与引き下げを勧告するのはアリなのかどうか。

そもそも内閣は人事院勧告に従う義務があるのかな?
そのへんをきちんと調べないといけないでしょうかね。

なんか風邪気味なのか不摂生がたたりすぎたのかだるだるな感じがするので問題提起だけしといてあとは後日。
cerise / たく * むずかしいこと * 16:34 * comments(0) * trackbacks(1)

終戦記念日

60回目の終戦記念日です。
節目の年くらいは、正午に黙祷を捧げるというのもありかもしれません。
靖国や千鳥ヶ淵に行ってみようかなとも。そうしたらスーツとは言わないまでも、サンダル履きは遠慮しないといけないでしょうね。

Wikipediaの玉音放送からいろんなページに飛んでみたら、なんとなくいろんなことを考えてみたんですがもう忘れてしまいました。
八月革命説についてぼーっと考えてたんだっけか。
あやふやな知識で変なこと言うと鋭くつっこまれそうなのでごまかしておきます(苦笑

終戦記念日はたまたまこれがお盆にあたることから、民俗学的にいえば、両者が混交して死者の魂を追憶し、供養すべき日として言わず語らずのうちに日本人の意識のなかに根付いている。十五年戦争(大東亜戦争)について、日本人がしばしば自国のかつての立場からのみものを見がちであり、周辺国家との協調を欠く結果におわるのは、こうした死者供養、さらに端的に言えば「死んだ兵士たちに申しわけない」という意識がつねに終戦記念日と切りはなせないかたちで毎年やってくることにもかかわりがあるといえるだろう。

Wikipedia 終戦記念日 より

この見方は初めて聞いたので興味を持ちました。
話はややずれますが、塾講仲間(前期だけでもう来ないらしいですが)の女の子といろいろ話してて、日本に民主政が今ひとつ根付かないのはやっぱり民族性の問題じゃないかとか言われたことがありました。で、うちのゼミの某前副学長先生がいつもおっしゃる、そういう非論理的な切り方はよくない(というとニュアンスが違ってしまいそうですが)というのを思い出して、うーん…とか思っていたのですが、これを読んでもなんか同じようなことを思って。
「国民性」みたいなものっていったいどこから生まれてくるのでしょうね。丸山真男は比較的和辻哲郎的な、気候やら風土やらが「国民性」を形作るっていうような論を支持していたように(少なくともゼミの議論の中では)感じられましたが、ゼミの教授はそれは違うとおっしゃる。難しい課題です。
個人的には和辻の議論も相当に説得的だとは思うのですが、それはあるいは福沢が『文明論之概略』の中で言う「長きにわたって行われてきた慣習で一見性質にも見えてしまうもの」(原典に当たってないので不正確ですがおおよそこのような意味だったかと)でしかないのかもしれません。あるいは簡単に他人の議論に乗らずに考え続けることが重要、という示唆でもあるのかもしれませんね。


最大公約数的ではありますが、戦争で非常に多くの方が亡くなったというのは動かし難い事実と言ってかまわないでしょう。戦争をまったく知らない、平和ボケもいいところ、な世代の自分ではありますが、僭越ながら戦争で亡くなられた多くの方々のご冥福を祈らせていただきたく存じます。
自分が平穏無事に、なんだかんだ言いながらも幸せに生きていることの貴重さをかみしめつつ。
cerise / たく * むずかしいこと * 03:23 * comments(0) * trackbacks(0)

御巣鷹山

ごたごたしていて2日遅れになってしまいましたが、日航機事故の件について。


ご存知のように、御巣鷹山ってのは群馬県の山の奥の上野村というところにあります。
上野村の村長は当時とまだ変わらず(というかもう40年も村長されているようです)、全国町村会の会長も長く務めていたとかいう話もあるんですがそれはともかく。
群馬も群馬、うちの実家のある藤岡市から山をずっと奥の方に登って、それこそ東京の上野に行くより時間がかかるくらい山の奥に行ったところに上野村があるわけです。

事故当時わたしは1歳半に満たないくらいだったはずですが、母に連れられて遺体収容所である藤岡市体育館の様子を見に行ったことがあるんだとか。ちなみに体育館は遺体の腐敗を防ぐために(だって真夏ですもんね)大量に使われたドライアイスで床が腐ってしまったため、体育館を別の場所に建て替えて、体育館のあった場所には市民ホールが建っています。
建て替え費用3億5千万円は日航が負担したそうで。
そういうのを聞くと、なんだか人ごととは思えないんですよね。

そして、ケネディ暗殺ではないけれど、どうしていつまで経っても真相がわからないのか。別に陰謀説を主張するつもりはないですが、ちゃんと調べればわからないはずないと思うのですけどね。なんかよくわかんないけど123便に研究用のウラン積んでたとかいう話があったり、在日米軍と当局との連携がうまくとれてなかったとかいう話を聞いたりすると、変に勘ぐりたくもなってしまいます。

とりあえずは「沈まぬ太陽」でも読んでみましょうか。
続きを読む >>
cerise / たく * むずかしいこと * 08:11 * comments(0) * trackbacks(1)

法学の存在意義

まあ普段は政治学の学徒を自認しておりますが(自任ではないことに注意。笑)、
一応法学部生でもあり、憲法や民法は一通りやった(はずな)ので
後輩であるところのcattleya嬢のエントリに、
新鮮な印象を感じたものでいろいろつらつら考えてみますよ。

まあしかし、しょせん「政治学部生」なので間違いは平にご容赦を。
こんなこと書いといたらきっと「憲法に詳しい」kiki様が
何か書いてくれるに違いありません(と煽っておく)。
続きを読む >>
cerise / たく * むずかしいこと * 22:57 * comments(3) * trackbacks(0)

人民元切り上げ

たまにはまともな話を。

しばらく前からいつやるかとさんざん騒がれてきた
人民元切り上げがついに実現したらしいですね。
とりあえず対ドルで2%切り上げのうえ、通貨バスケット制を導入とか。

スミソニアン合意のときは1ドル360円→1ドル308円で16.88%の切り上げ、
(実はニクソン・ショック〜スミソニアン合意間は変動相場制だったんだとか?)
プラザ合意からルーブル合意間で1ドル240円→1ドル150円だから
(1年半という期間はあったにしろ)実に60%の切り上げ
ということを考えれば、とりあえず小幅から始まったってことなんでしょうか。
しかし、60%も切り上げられて、一時は不況になったとは言え
それでもがんばった自動車産業ってすごいんでしょうね。
逆に言えばそりゃ海外投資も増えるというもので。
まあ、そのへんは経済学部で国際経済でもやってる人に聞くべきなんでしょうが。


NIKKEI NET:中国ビジネス特集
切り上げは日本の輸出を増やす要因になる一方で、中国の輸出競争力を落とし、中国経済を下押しする。

ということで、過度の切り上げは警戒されていたみたいですね。
アメリカでも民間の圧力はけっこう強くて、
ブッシュ大統領も一応口では切り上げを期待するとかいってたみたいですが、
実際のところ中国が不景気になっても困るので難しい立場にあったみたいです。
ちなみにこのへんのネタ元はフォーサイトにあった話。
最近読んでないからちゃんと読まないと。

ところで通貨バスケット制は、日経によれば
 これまでの人民元は事実上、米ドルだけと連動する形(ペッグ制)のドル固定相場だったが、ドルのような単一の通貨だけではなく、複数の通貨に連動させ、自国通貨を安定させる仕組みを「通貨バスケット制」と呼ぶ。複数の通貨を一つのバスケット(かご)に放り込んだ状態に見立てているので、この名前がある。このかごの中の複数通貨を一定の割合で加重平均して生まれる、架空のバスケット通貨に自国通貨を連動させる。

 自国の貿易取引や資本取引で関係の深い国・地域の通貨をバスケット対象として採用するケースが一般的だ。ドル以外の通貨としては円、ユーロなどが考えられる。貿易量をはじめとする指標を使って、自国経済との関係度に応じて、加重具合を変えることによって、自国通貨を安定させやすくする。

だそうです。
ペッグ制とか固定相場制とかいうけど、
実際には国家や中央銀行が為替市場に介入することによって
それらを実現しているのであって、
市場はやっぱりあくまで「市場」として、自由な市場原理で動くみたいです。


そういうこといろいろ考えてると、経済っておもしろそうに思えてきます。
数学ができればもう少し積極的にコミットしたのにな。
会計とかもちょっと楽しそうだし、簿記の勉強でもしてみようかと。
cerise / たく * むずかしいこと * 08:30 * comments(0) * trackbacks(3)

Creative Commons

Creative Commonsという概念がありまして。
具体的にはこのページでも参照していただけるとよろしいかと思うのですが。
要するにインターネット上での著作権に関する宣言の方法っていったところでしょうか。


受験期にこのLawrence Lessig先生の「CODE」という本をなんかで見つけて、
「後期の勉強代わりだー」とか言い訳して必死で読んでいた記憶があります。
難しくて半分も理解できませんでしたが、
インターネットにはCommons(共有地)の性格があるのだから、それを活かしていくのが重要である、
みたいな話だったかと。

Lessig教授は東大法学部のビジネスローセンターの客員教授を務めていらしたこともあって、
一度25番教室で講演されてもいらっしゃいました。
そのときはUSAでの著作権期間の延長とDisneyとの関係をネタに
Commonsがないとインターネットは活力を失ってしまう、
その点日本のコミケみたいのはCommons的で望ましいのではないか、
みたいなお話しをされてました。

で、JUGEMに来てみたらCreative Commonsの設定なんてものがあったので懐かしくなって。
ちなみにこのサイトでは
by-nc-sa(著作権は本人帰属、非営利利用は可能、二次的著作物を頒布する際はこの条件と同一条件でのみ頒布を許可)
を宣言しております。
非営利利用だったら文句言いませんよっていう感じですかね。
cerise / たく * むずかしいこと * 17:55 * comments(0) * trackbacks(0)
このページの先頭へ