<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 案外身近にいるもんだ | main | slip&stack >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

いやはや

看護師のおねーさんのテクはすごいね…
今日はギプスを半分に切って、半分だけつけて仮固定みたいな感じにするっていうイベントだったわけですが、半分に切ったあとのギプスの周りに、切り口が直接肌に触れないように粘着ガーゼ(?)を貼っていくテクにびっくり。うまくハサミで切れ込み入れたりとかして。プロは違うねw


ところでギプスカッターより恐ろしいものはないと思う。
だって自分の肌から数センチ離れてないところで刃物が高速で回転してるんですよ。
柔らかいものは切れにくいみたいだからギプスの内側に巻いてるクッションみたいなやつのおかげで肌には傷が付かないみたいですが。ああ恐ろし。

でも、骨は全然くっつかないままのようです。
4週間も経てば周りの結合組織が固まって、動かなくなるから大丈夫とか。
もっとも外側半分のギプスは包帯で巻いて固定したままですが。
包帯はずせば手も洗えるしお風呂にも入れます。
とりあえず今日はゆっくりお風呂に入って余分な角質を取り除こう。
しかし、一人で包帯まき直すのは正直大変だと思うのだが、そのへんどうなんだろうか。
まあ一人暮らしだからって特別どうこうしてもらえるわけでもないんだけれど。


そんなことよりも、どうやら親指が脱臼しているらしい。そんなん初耳だっつの。
「機能に障害があるようなら専門医受診した方がいいですねー」って、そんなんでいいの? 大丈夫そうならほっといてもいいのか???
どっちにしろ骨折の完治が先ってことなのかなぁ。
前よりはマシですが、まだまだきれいな字は書けません。
cerise / たく * 日常 * 14:27 * comments(2) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 14:27 * - * -

コメント

ギブスカッター・・・5歳のときに右足首を骨折したときのこと。もうろくした<s>ジジイ</s>お年を召した外科医に、右足の親指を3mmほど削られたおぼえがあります・・・orz
よ、よかったですね。何事も無くて。
Comment by Kaffeepause @ 2006/01/23 9:21 PM
ひぃ…
何事もなくてよかったです、まったく。


しかし、30秒診療でもギプスカットで20分くらいかかっても値段は同じという謎。保険診療ってやつはまったくわかりません。
Comment by cerise @ 2006/01/26 11:43 PM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ