<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 帰宅 | main |

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

酸素水って何よ

「酸素水」新発売(アサヒ飲料)

これに限らず、最近酸素水がブームなようです。
しかし世の中、ヘンリーの法則ってやつがあるわけで。
気体の溶解度は圧力に比例するってやつですね。

この辺の資料によると、20℃、1気圧の純水では酸素は1リットルに8.84mg溶解するそうです。(関係ないけど「℃」は機種依存文字じゃないらしい。知らなかった…)
ppm=mg/lだそうなので、20℃1気圧の純水における酸素の飽和溶解度は8.84ppmと。

翻ってみるにアサヒ飲料は
※ 当社の調査によると一般的な水は、常温(20℃)で約8ppmの酸素を含んでいます。
それに対して「アサヒ 酸素水」は、酸素を40ppm含有しています。

と主張します。
前半はともかく、アサヒ酸素水には飽和溶解度の4.5倍程度の酸素が含有されているわけですね。

これ自体はおかしな話ではないと言えるかもしれません。
4.5気圧の圧力かければ4.5倍の酸素を含有させられるわけですからね。
だからまあ、ボトルの中にあるときは本当に40ppm入ってるのかもしれません。

仮にそうだとして、キャップを開けたら炭酸飲料みたいに気泡になって酸素は逃げていってしまうと思うのですが。
(参考:気泡発生のメカニズム(島津製作所)
なんかうまく捕まえておける方法があるのでしょうか。
さてもっと怪しい酸素水がこちら
なお、以下強調は引用者によります。

ヘンリーの法則を破った溶存酸素レベル
1803年、W.Henryは「揮発性の溶質が溶けている溶液内の溶質濃度xは、それと平均にある蒸気相の溶質気体の圧力pに比例する」という法則を提唱しました。
「Coctura(コクトゥーラ)」の高い酸素含有率は、このヘンリーの法則を打ち破ったものと言えます。ヘンリーの法則によれば、通常の水に含まれる溶存酸素値は9.17ppm(20℃・1気圧)が限界点(但し人工的な酸素注入は別)として認識されています。しかし殺菌工程で高濃度オゾン処理を行っている為、その付加価値として「Coctura(コクトゥーラ)」は30ppm超もの溶存酸素値レベルを実現しています。

すごい発見ですね。高校教科書の記述を打ち破ってしまいました。

スポーツなどの運動中に最適!
激しい運動をしているとき、体内の酸素は急激に不足しています。海洋酸素水「Coctura(コクトゥーラ)」は、ミクロクラスター化した水の分子中に酸素が閉じ込められているので、体への浸透性に優れています。

水クラスターきたー。
なお、水クラスターについて詳しく知りたい方は「水商売ウォッチング」をご参照あれ。


こればっかりじゃないけど、世の中怪しいもんがいっくらでもありますよね。
薬学部の友人によれば、GABAとかも血液脳関門でせき止められるから、経口摂取しても意味ないらしい。
医薬品じゃないからどうでもいいのかもしれませんけどね。
ある程度のレベルまでは科学リテラシーの醸成も必要だと思うわけです。


 【科学常識チェック、〇か×か】(国際比較の共通質問から)

 〈1〉地球の中心部は非常に高温
 〈2〉すべての放射能は人工的に作られた
 〈3〉我々が呼吸に使う酸素は植物から作られた
 〈4〉赤ちゃんが男の子になるか女の子になるかを決めるのは父親の遺伝子
 〈5〉レーザーは音波を集中することで得られる
 〈6〉電子の大きさは原子よりも小さい
 〈7〉抗生物質はバクテリア同様ウイルスも殺す
 〈8〉大陸は何万年もかけて移動しており、これからも移動するだろう
 〈9〉現在の人類は、原始的な動物種から進化した
 〈10〉ごく初期の人類は、恐竜と同時代に生きていた
 〈11〉放射能に汚染された牛乳は沸騰させれば安全


          ◇


 ▼常識チェックの答え

 〈1〉○〈2〉×〈3〉○〈4〉○〈5〉×〈6〉○

 〈7〉×〈8〉○〈9〉○〈10〉×〈11〉×

cerise / たく * 雑感 * 21:19 * comments(10) * trackbacks(1)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 21:19 * - * -

コメント

管理者の承認待ちコメントです。
Comment by - @ 2008/06/22 11:05 AM
管理者の承認待ちコメントです。
Comment by - @ 2009/06/26 4:03 PM
管理者の承認待ちコメントです。
Comment by - @ 2009/06/30 3:13 PM
管理者の承認待ちコメントです。
Comment by - @ 2010/02/01 10:19 PM
管理者の承認待ちコメントです。
Comment by - @ 2010/06/30 4:24 PM
管理者の承認待ちコメントです。
Comment by - @ 2010/07/15 3:29 AM
管理者の承認待ちコメントです。
Comment by - @ 2010/10/02 6:48 PM
管理者の承認待ちコメントです。
Comment by - @ 2011/01/09 11:37 PM
管理者の承認待ちコメントです。
Comment by - @ 2011/01/15 3:01 PM
管理者の承認待ちコメントです。
Comment by - @ 2011/05/12 7:27 PM
コメントする









トラックバック

純水について

純水純水(じゅんすい)とは、不純物およびイオン成分を除去した水である。一般にろ過や蒸留により不純物を除去した水を精製水と呼び、これをイオン交換樹脂により脱イオンしたものを脱イオン水と呼ぶ。狭義には脱イオン水が純水であるが、蒸留水や精製水も純水と呼ぶこ
From 水関連いろいろ記述 @ 2007/06/23 9:33 AM
このページの先頭へ