<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 給与明細 | main | これはいかんざき >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

えいひん

高校生相手に個別指導もやっているんですが、なんかいい参考書ないかって聞かれたので、現役高校生時代にやってたやらされてた「英頻」をおすすめしたら買ってきてくれました。
大学入試英語頻出問題総演習
大学入試英語頻出問題総演習
上垣 暁雄

当時は第5版だったのですが今は第6版。
教えるからには一度自分で解くのですが、なかなか覚えてるもんですね。自分でも買ってマスターしようかとちょっと思っちゃいました(笑


それから、別の子には塾にあった
英文和訳演習 (基礎篇)
英文和訳演習 (基礎篇)
伊藤 和夫
をやらせています。
知ってる人は知っている、基礎編のくせに凶悪なこの問題集。いや、凶悪というと語弊があって、すごく使えるけど採点基準が厳しいというべきか。
高3の時によく中身見ずにいきなり上級編を買って、問題解いて全然できなくて慌てて基礎編を買った記憶がありますw

ご存知の方もいらっしゃるでしょうが、私は一応エセ駿台生で駿台信者なので英語に関しては伊藤信者でもあるのです。大宮校で英語教わってた先生が伊藤直系っぽかったこともあり。ビジュアル英文解釈とかもちゃんと持ってます。
で、この英文和訳演習ですが、正直難しいです。でも、頭使って楽しいです。ひたすら英文解釈やるようなめちゃくちゃトラディショナルな英語の授業、まだ文学部の片隅とかに残ってないのかな…残ってたら受けに行くのに。

ま、とりあえず英文解釈といえばI think that that that that that that …っていうやつですよね。


英文解釈を教えていると、なぜだかちょっと高圧的になってしまって、高校時代の短気で高圧的気味だった英語教師@高3の時の担任を思い出します。ちょっと彼の気持ちがわかるようになってきたかもしれません(笑
cerise / たく * Arbeit * 00:46 * comments(0) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 00:46 * - * -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ